秋は乾燥の季節

2021.9.15

秋は空気が乾燥しますね🍂

人間は自然の中で生きているから、気候が変われば体の状態も変化していくものです。「え?いやいや、うちは都会たから自然の影響なんて〜」と思うかもしれないけど、風が吹いたり、雨が降ったり、季節が変わっていくのは地球人である以上、避けて通れないものです。

え(´⊙ω⊙`)?皆さん地球人ですよね??(宇宙人はいる派ですが、今回は地球人の皆さんにお話ししますね)

 

秋になると乾いた空気の影響で
・鼻の中が乾燥する
・のどや口が乾燥する
・ドライアイ
・空咳
・便秘
・肌の乾燥
などの不調になりやすいです。

これ、中医学では燥邪(そうじゃ)のせいと考えますよ💡要は体をカサカサにする悪モノです!!(ひぃ・・・!)

乾いた空気は鼻から直接肺に入るので、肺はダメージを受けやすいです。そして体の潤いである津液(しんえき)が傷つけられ乾燥が進みます。肺が乾くと、肺と密接に関係している肌や大腸も乾いて乾燥肌や便秘になってしまいます。

乾燥、あなどれないですね( ̄◇ ̄;)

秋の前半は「温燥(おんそう)」といって夏の暑さや湿気が残っていたり、夏の疲れを引きずったりして秋バテ(倦怠感、食欲不振など)も多い時期です。これに対して冬が近づく頃は涼燥(りょうそう)といい、寒さが増して湿度が下がる時期です。なので乾燥に特に気をつけたいのは後半となります。

でも。秋は悪ことばかりじゃないですよ。例えば脾(消化管機能)は湿気が苦手なのでで梅雨〜夏の時期は働きが悪くなりやすいけど秋になると元気になります。すると”食欲の秋”と言われるように美味しくご飯が食べられるようになります✨(逆に夏に胃腸が弱っていると秋バテになっちゃいますが💦)

 

そんなわけで秋は体に潤いを与えたり乾燥から守ることが大切です。梨、れんこん、はちみつ、白ごま、白キクラゲなど潤い食材を食べたり、部屋に加湿器を設置する、濡れタオルを干すなどの工夫がおすすめです。渇きを促進する食べ物(辛いものなど)の摂りすぎにもお気をつけて。快適な秋を過ごしましょうᐠ( ᐛ )ᐟ

成城漢方たまり 谷澤瑛美